星野歯科駒沢クリニック

HOSHINO DENTAL KOMAZAWA CLINIC

スタッフブログ

STAFF BLOG

歯が痛くなったときの診査について

2023.08.16

歯科医師の宮川です。
今回は歯が痛くなった時に行う診査についてです。

急に歯が痛くなったりする時ってありますよね。場所の問題でいうと・・・
まずは
・歯が痛いのか?
・歯茎が痛いのか?
・それともその他の原因があって、歯に痛みが出ているのか?

歯の痛みにもたくさんの種類があって、
・しみて痛い
・噛むと痛い
・歯が割れてしまって痛い
などその歯種や状態によって様々です。

その中でも、深い虫歯があったり、歯が割れたりした時に、歯の神経(歯髄)まで細菌感染した状態になると、「歯髄炎」といって、歯の神経に炎症が起きた状態になります。歯髄炎は可逆性のものと不可逆性のものがあり、不可逆性の場合はそのままにしていても痛みがおさまらないので根管治療を行う必要があります。

当院では虫歯が大きくて神経をとる処置(抜髄)になるよりは、歯にヒビなどが入ってしまって、そこから感染してしまい、神経をとる処置の割合の方が高いです。
その中でも、神経の診査はレントゲン写真や歯周組織の検査の他に
・打診・・・歯をこんこんと叩いた時に痛みがあるか
・冷診・・・つめたいものがしみるか
・温診・・・あったかいものがしみるか
・電気歯髄診・・・歯の神経の反応をみる診査です、反応がない場合は歯髄壊死が疑われます
などいろいろな診査を組み合わせて、歯の神経の状態を診断していきます。

↑実際の電気歯髄診の様子
歯が割れたり、ひびがはいった時は急に痛むことがあります。詳しくは歯科医師までご相談ください。

View数

249

カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ランキング

クリニックについて

CLINIC OVERVIEW

料金表

PRICE LIST